[出会い体験]15歳と19歳少女ふたまた

その日デートしたJCのミサを家まで送った帰り、
性欲を満たす為、再びI袋へ。
駅の周辺で可愛い子を
探しては声を掛ける。
電話番号とアドレスはゲッ
ト出来るが、すぐ遊べる子
がなかなか捕まらない。
諦めて「今日は帰ろうかな」
と思ってた時、一通のメール。
着信の名前を見たら、さっき声をかけた子だった。
「友達が先に帰っちゃったんだけど・・・」
との内容のメール。
速攻「じゃあ今から遊びに行く?」と返信する。

しばらくメールのやり取りをしたが、中々煮え切らない様子。
ここは押しの一手!!
と思った私は
強引に時間と場所を指定。
状況的に遊びたいオーラを感じてたので『彼女は来る』と、なぜか確信めいたものがあった。

・・・約5分後、思ったとおり現れた彼女と一緒にカラオケ。
彼女の名前はユカ。
彼氏持ちの19歳。
ゆうこりんテーストで凄く可愛い。

黒髪のロングストレート、
ピンクのワンピにブーツ、
ニットのカーディガン、
白くて小さいバッグ。
身長は150〜153くらいで、服の上から見る分には細身。
見た感じはJC、JKくらいにしか見えないほどロリだ。

カラオケではひたすら我慢し、いい人を演じて
なんとか家へと誘い込む。


途中で酒を買い家へ着くなり、キスをする。
ビックリしたように固まるが、すぐに舌を絡めてきた。
脈ありと思った私は、そのまま玄関先で胸を触る。
細いと思ったが意外とDカップくらいの大きさ。
程よい弾力を味わい乳首をイタズラすると 「はぁ〜ん・・・」と甘い声を出す。
そのままコリコリと刺激すると急に力が抜けて しなだれかかってくる。

「乳首弱いの?」
イジリながら聞いてやると首を縦に。

「じゃあ下はどぉ?」と聞きながら、下に手を伸ばすとグチョグチョの洪水。手にベッタリと汁が付く。
片手で後ろから抱き寄せて、クリ辺りを撫でながら、 自分のジーンズとトランクスを下ろす。
そのまま今度はユカのスカートを捲くりあげ正面から生挿入。
すると何度もピストンしないうちにガタガタ震え出しイッテしまった。グタッと全体重を預けてきたので、一度抜く。
玄関先からソファにユカを「お姫様だっこ」で移動、今度はバックから挿入。
入れると気が付いたのか『はぁん・・・ダメぇ・・・・・』とユカ。
そんなことはお構いなしに突きまくった。
ユカを5、6回イカせてから思い切り中出し。
出したばかりの肉棒を引き抜き、口元へ持っていき 口でキレイにさせる。

口をモゴモゴさせながら、
「ナンパした人ろなんれ初めてらよ・・・そぇも彼氏とらってゴム付けうのにィ。。。」
と口にするが、表情は言葉とは逆に恍惚としている。
キレイになってからもユカは口を離さない。
その内、私のが回復してくると
「ねぇ、いっぱい出していいから・・・朝までシテ♪」と おねだりして来た。

続きを読む